top of page

ナカジマカツ/彼の画家としてのキャリアは、2006年頃から始まります。当初は水彩画を我流で描き、2008年からアカデミーでデッサンの基礎をを学び油絵を始めました。同年、日本の写実公募団体に初めて出品し入選。その公募展に10年間在席し、2016年に内閣総理大臣賞、2017年に損保ジャパン日本興亜美術財団賞を受賞しています。また、その間に2回の日展での特選受賞があります。海外では、アメリカのARC財団が主催する国際的リアリズム絵画コンペティションARCサロンコンペテイションで多くの賞を受賞し、2018年にはウイリアム・ブグロー賞を受賞しています。つづく翌年、2019年にはARCのリビングマスターに承認登録されました。​現在千葉県船橋市で写実絵画アカデミーを運営しています。

​第4回パレッタ展 船橋市民ギャラリー第3展示室にて開催中。

6月9日日曜日4時まで。

パレッタ展A2ポスター [復元].jpg

2023年6月27日をもって、盛況の中、無事終了いたしました。

​ご来場いただいた多くの皆様に心よりお礼を申し上げます。

ナカジマカツ展B2ポスター小_edited.jpg

作品の制作プロセスを動画で簡単にご紹介いたします。

ARC年鑑が届きました!
Untitled

第13回ARC年鑑

アメリカのARC財団主催の13回ARC​世界サロンコンペティションで,作品「森の女」ウイリアム・ブグロー賞を受賞し掲載されています。

S100号油彩「森の女」は2017年に損保ジャパン日本興亜美術財団賞をいただいた作品でもあります。

2023年3月30日(木)
6月27日(火)
3ヶ月間の開催

現在ARCリビングマスターでもあるナカジマカツの個展を開催いたします。近年、アメリカやスペインのリアリズムアートシーンで日本発の作品を発表し、その圧倒的なデッサン力で描かれた作品は高く評価され、世界で多くの支持を獲得しています。油彩100号の大作を中心に人物、風景、デッサンなど80点以上の展示となり、彼のリアリズム表現の本質を垣間見ることのできる貴重な展覧会と言えるでしょう。

表紙に選ばれました。
#artelibre #oilpainting #goldleaf #katsu

第13回スペインArtelibre年鑑の表紙にセレクト。

Galería artelibre年鑑 スペインのartelibreからの年鑑のカバーに「明日への花束」S120号が起用されました。中面4ページにわたって私の作品9点が掲載されています。購入希望の方はartelibreホームページから。

bottom of page